いい仕事してますよ~。

滋賀県甲賀市の信楽は日本有数の「大きな陶器」の産地です。

狸の置き物が有名ですが、昭和中期まではどこのご家庭でも愛用された大きな「火鉢」が特産品(全国シェア80%)でした。
時代とともに火鉢は姿を消しましたが、その技術は、華やかな「水鉢」づくりへと継承されています。

金魚屋工房では、信楽焼水鉢を使った金魚・メダカの飼育、お庭や玄関での 癒やしの水辺づくりをご提案いたします。

お手軽、メダカビオトープ。

水鉢とめだかの相性はバツグンです。

水草を浮かべればブクブクなしで飼育できます。
(※夏季の高水温にはご注意ください!))

ホテイ草やアナカリスを一緒に入れてあげるとタマゴを産んで増やすこともできます。



水面のユラメキに見とれたい。

「湧水セット」には水の流れを作り出すポンプと砂が付属します。

ポンプを砂の中に設置する(ポンプを埋める)ことにより、底から水面に向けて水の流れが発生し、天然の湧水のようなユラメキが水面に生まれます。

また、砂による濾過作用により、水がピカピカキレイになります。





水鉢のデザインは多数ありますので、お庭の雰囲気にあわせてお選びください。

(金魚屋工房 辻中)